義務教育は嫌いでした

仮に、自分が子どもを産むのであれば、日本の教育は受けさせたくないな、と思っていた時期があります。
非常に生意気というか、思い上がったことだとは感じますが、真剣にそう思っていました。
自分が小学校や中学校時代に、学校へ通うのが嫌いだったことが多少は関係していると思います。
とくにひどい苛めにあったというわけでもなく、地味で平凡な学校生活でした。
登校拒否もしなかったし、乱暴なこともせず、反抗もしませんでした。

わりかし従順で、一般的な感じの子どもだったと思います。
ただ、学校に通うことは自分にとってものすごい重圧でした。
とにかく嫌だなあ、としか思いませんでした。
規則だったり先生だったり、勉強だったり友人関係だったり、いろいろなことが面倒でたまらなかった気がします。
今は大人になれて、だから良かったと感じています。